新太閤記(四) 海音寺 潮五郎

ISBN:

Published: February 9th 2001

Kindle Edition

234 pages


Description

新太閤記(四)  by  海音寺 潮五郎

新太閤記(四) by 海音寺 潮五郎
February 9th 2001 | Kindle Edition | PDF, EPUB, FB2, DjVu, audiobook, mp3, RTF | 234 pages | ISBN: | 6.58 Mb

秀吉の計略は的中した。ごく短時間の間に天下人となり、大名らに君臨するようになった秀吉にたいして、彼らは驚嘆し、また恐れてもいたが、一面には単なる幸運児と軽んずる気持ちが残っていた。しかし、故右府の盟友であり、駿遠参甲信五国の大領主、秀吉と兵を構えて六分の勝を占め、妹と母の二重の人質を取って、やっと重い腰を上げて出て来た家康が秀吉を恐れて敬意を表しているのを眼前にし、秀吉を見る目を変えざるを得ない。やっと秀吉は名実ともに天下人となった。



Enter the sum





Related Archive Books



Related Books


Comments

Comments for "新太閤記(四)":


artykulacja.pl

©2009-2015 | DMCA | Contact us